美容外科の求人にはどのような仕事があるのか

カウンセラーも大事な仕事

美容外科 求人湘南美容外科グループ

カウンセラーも大事な仕事 : 美容に興味があるなら

美容外科で働いている人というと、真っ先に思い浮かぶのは、医師と看護師でしょう。
しかし、美容外科でのお仕事のもうひとつの大切な柱が、受付カウンセラーです。
名称はクリニックによってまちまちで、特に資格があるわけでないので、必ずその呼び方で呼ばれているわけではありません。
仕事内容は多岐にわたっていています。
医師や看護師が行う仕事以外を全般に行う仕事です。
事務職とカウンセラー職とが分かれているところもありますが、規模の小さなクリニックでは、どちらの仕事も行うこともあります。
そういった美容外科の求人が多くあります。
まず、カウンセラー業務とは来院した患者さんと直接コミュニケーションをとって話をする仕事なので、高いコミュニケーションスキルが必要になります。
当然、美容外科についての知識も必要です。
初めて来院した患者さんの基本的な情報を聞いたり、どのような希望があるのかを聞きます。
ただ聞くだけでなく、相談にのったり、アドバイスをしながら進めていきます。
その際に、医師や看護師に確認しながらカウンセラー業務を行います。
医療スタッフと患者さんの橋渡し的な存在です。
事務仕事は、電話やメール対応から、物品の発注など、裏方の仕事になります。
事務仕事を行うためには、基本的なパソコンスキルが必要になることが、ほとんどです。
その他に、カルテの整理や、患者さんの症例写真の整理なども行います。
また、クレームがあった場合にも、最初は事務職や受付カウンセラーが対応することがあります。
クリニック内での事務仕事は思った以上にたくさんあります。
どちらの仕事でも、医師や看護師の補助業務も行います。
照明の調整や、器具の準備といった簡単なものです。
もちろん資格がなくてもできるような内容ですが、全く何もわからないでは、仕事になりませんので、ある程度の勉強が必要です。
そして、医療従事者でなくても行えるエステメニューは受付カウンセラーや事務職の人が行うこともあります。
最初に説明を受けてから行いますが、患者さんに直接触れて行うことなので、丁寧に行わなくてはいけません。
こういった仕事は慣れていないと、慣れるまでには少し大変かもしれません。